読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高める方法【免疫力アップする食事・食材・生活習慣・サプリメント】

免疫力は人間が本来持っている病気に対する抵抗力です。免疫力を高める方法を生活習慣や食生活、食材から詳しく解説します。免疫力アップするための方法はたくさんあります。免疫力をアップさせるとがんなどの病気の進行を遅らせる事も可能です。免疫力をアップさせる方法として、サプリメントを利用する方法も紹介し、特に米ぬか多糖体(RBS)について紹介します。

米ぬか多糖体(RBS)にはがん患者の副作用を軽減する作用がある!

米ぬか多糖体(RBS)には免疫をちょい雨霽したりアップさせたりするような機能が期待されています。要は、ガンにも対抗できるのではないか、といった指摘もあるわけです。 その米ぬか多糖体(RBS)ですが、ガンの治療に用いることで癌治療の副作用に対抗できるのではないか、とい行った研究がどんどんと進んでいます。ガンの治療には大きな副作用があることも分かっているわけです。治療は受けなければいけませんが、副作用の辛さから耐えられない、と感じてしまう方も少なくありません。 こちらでは米ぬか多糖体の新たな機能として、癌治療の副作用の軽減にスポットライトを当てます。本当に副作用を軽減させる作用はあるのでしょうか?

そもそもがん治療にはどのような副作用があるのか?

・放射線療法で発生する副作用について

・急性障害
・晩期障害

急性障害や晩期障害と言われてもなかなか理解は難しいと思います。 急性障害とは、全身的な副作用として現れてきます。

・疲れやすくなる
・皮膚が赤くなる
・かゆみや痛みが出てくる

上記のような症状が出てくるわけですが、他にも喉に放射線を照射した場合には、食べ物を食べるのが辛かったり、飲み物を飲むのが辛くなったり、といったことが起こるわけです。 ただし急性障害というように、ずっとその症状が継続していくわけではありません。放射線を照射してから、2ヶ月から3ヶ月程度で徐々に症状が弱まっていきます。 晩期障害とは以下の様なものがあります。

・呼吸の違和感
・味覚障害
・下血
・リンパ浮腫など

放射線を照射する場所によって現れてくる副作用が異なってくることも理解しておく必要があります。照射する部位によっても現れてくる症状は異なっているのです。 日常生活に影響を与えるケースは稀となっていますが、何かしらの強い症状が現れた場合にはドクターと相談しましょう。

・抗癌剤治療によって発生する副作用について

・脱毛
・食欲不振
・吐き気や嘔吐など

ガンの治療の基本的なものと言えば、抗癌剤治療があります。そもそも抗がん剤は細胞の分裂を押さえ込むという機能を持っているので、通常の細胞に対しても攻撃を加えてしまうわけです。その結果、身体に様々な症状が現れてしまいます。ただし副作用には個人差があり、辛さにも違いがあるわけです。

【脱毛の副作用について】

髪の毛のもとといっても良い毛母細胞も分裂が頻繁な竿濰坊の一つです。抗癌剤によって影響を受けてしまい、髪の毛が抜けてしまうわけです。 実際に多くの方が、年齢や性別に関係なく脱毛の副作用に見舞われてしまいます。 ただし、薬によって髪の毛が抜けているので、投与をストップすれば再び髪の毛は生えてきます。 抗癌剤治療中については、かつら(ウィッグ)を利用したり、帽子などをかぶったりするなどして精神的な負担を軽減することも大切です。

【食欲不振の副作用について】

抗癌剤治療によって口の中の口腔粘膜にもダメージが加わることがあります。さらに味蕾や神経などにダメージが加わることがあり、その結果として食欲不振が発生してしまうおそれがあるわけです。 食べても味がしなかったり、いままで食べていた味と異なって感じてしまったりして、結果的に食べるのが嫌になって極端に食事への興味関心を失ってしまうことがあるのです。

【吐き気・嘔吐の副作用について】

抗癌剤治療によって脳の嘔吐中枢が刺激されることがあります。さらに、消化管粘膜がダメージを受けることもあります。 吐き気や嘔吐の症状に関しては、抗癌剤治療を受けてからかなり早い段階で発生します。投与後すぐに発生することもあれば、数日後に発生することもあるわけです。 吐き気や嘔吐の副作用に関しては治療開始してすぐに対策を立てることが多いです。

・抗癌剤治療によって発生する合併症例

・胸水
・脊髄圧迫
・心タンポナーデ
・口腔合併症
・性機能障害(男性バージョンと女性バージョンあり)など

【胸水について】

胸腔内に退役が大量に貯まった状態のことを指しています。 胸の痛みや息切れなどが発生します。

【脊髄圧迫について】

癌によって脊髄が圧迫されてしまっている状態のことを指しています。身体に痛みが発生したり、排尿機能障害などの症状が起こってしまいます。

【心タンポナーデについて】

内に血液がたまったため、心臓が拡張期に十分拡張できなくなり、全身から心臓への血液還流に問題が起こってしまう症状です。かなり重篤な症状の一つであり、注意しなければなりません。意識障害が発生したり血圧低下をもたらしてしまう可能性もあるのです。 倦怠感や呼吸困難、チアノーゼの症状が起こることもあります。 ※「Yahoo!ヘルスケア」の「心タンポナーデ」より(参考:https://medical.yahoo.co.jp/katei/310870000/?disid=310870000

【口腔合併症について】

抗癌剤治療や放射線治療を行なうと高い確率で発生してしまいます。口内炎や歯肉壊死、歯肉の出血や味覚障害などの症状が出てきてしまうのです。

【性機能障害について】

性機能障害は男性にも女性にも起こってしまいます。 男性の場合は前立腺がんや直腸がんの手術などによって性機能障害が物理的に発生することがあるのです。たとえば勃起不全や射精障害が発生する例もあります。 女性の場合は子宮がんなどの手術によって発生することがあります。女性の場合の性機能障害は、月経不順や不妊などです。

がん治療を受けている方に米ぬか多糖体(RBS)を摂取してもらったらどうなるのか?

・様々な症状が軽減する

がん患者に対して米ぬか多糖体(RBS)を摂取してもらったところ、以下のような結果が見られたのです。

・痛みの軽減
・疲労感の軽減
・吐き気の軽減
・食欲の増進

上記のような毛禍が得られることで、日常生活の質が向上していきます。がん治療や癌による痛みが強ければ、やはり生活にも大きな制約を受けていくことになってしまいます。疲労感があると動きたくなくなりますし、吐き気があると食欲もなくなってしまうわけです。 多くのがん患者さんは以前に比べると痩せてしまうわけですが、がん患者が米ぬか多糖体(RBS)を摂取すると食欲位が増進される、といった結果が出てきます。体力の維持という効果も期待できます。 ちなみに上記の症状を軽減すると言うことがわかった研究ですが、2004年に実施されしかも200人オーバーの被験者で行われたものです。時間もたっていますし、被験者の数の多さからも信憑性はかなり高い、と判断できます。

・化学療法(抗癌剤治療)と米ぬか多糖体について

抗癌剤治療のことを化学療法と呼んでいますが、前述したように様々な副作用があることが分かっています。その副作用に米ぬか多糖体はかなりの効果を発揮することが分かっているのです。

・食欲不振・倦怠感・・・改善した
・悪心・嘔吐・・・減少した
・脱毛・・・減少した
・体重の増加・・・増加した
・体重の減少・・・ほぼなくなった

上記の研究については、乳がんの患者に対して実施したものです。化学療法の前後1週間に米ぬか多糖体を摂取しました。その結果、非常に良好な結果が得られたのです。米ぬか多糖体の摂取により化学療法の副作用が軽減されたことが証明されたわけです。 特に注目すべきなのが、がん治療の間にほとんど体重の減少が起こらなかった、といいう部分です。米ぬか多糖体が食欲の増進に対して大きな影響を与えた、と想定できるわけです。 そもそも抗がん剤の治療は大きなストレスとなります。ストレスの影響によって免疫システムに大きなダメージ与えられ、体調をどんどん悪くしてしまいます。しかし、米ぬか多糖体を利用すれば、抗癌剤治療によるストレスを大幅に軽減できるわけです。米ぬか多糖体は免疫システムの維持にも大きく寄与してくれる、と考えても良いでしょう。

ガン以外にも米ぬか多糖体が効果を発揮する病気|HIV(エイズ)について

・免疫細胞の活性化作用が確認されている

多くのHIV患者で研究されたものではありませんが、米ぬか多糖体に一定の免疫力のアップ機能があることが証明され始めています。 HIV患者3人から採取した末梢血リンパ球に米ぬか多糖体を添付して、免疫細胞であるT細胞とB細胞がどうなるかを研究してみたのです。その結果は、分裂が非常にしやすい状態となることがわかりました。3人の患者全てに同様の結果が現れたので、免疫力が低下して様々な病気にかかりやすくなってしまうエイズ患者にも米ぬか多糖体(RBS)が有効であることが見えてきたわけです。 米ぬか多糖体はNK(ナチュラルキラー)細胞に対して強い作用があることがわかっています。しかし、上記の研究によってT細胞やB細胞に対しても一定の機能を持っていることが確認されました。 免疫機能全体に対する機能を持っている、といった仮説もたてられる状況になってきたのです。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します