免疫力を高める方法【免疫力アップする食事・食材・生活習慣・サプリメント】

免疫力は人間が本来持っている病気に対する抵抗力です。免疫力を高める方法を生活習慣や食生活、食材から詳しく解説します。免疫力アップするための方法はたくさんあります。免疫力をアップさせるとがんなどの病気の進行を遅らせる事も可能です。免疫力をアップさせる方法として、サプリメントを利用する方法も紹介し、特に米ぬか多糖体(RBS)について紹介します。

がん免疫療法とその他のがん治療法の違い

ガンには様々な治療方法があり、その一つに「がん免疫療法」があります。

ガンを自然に治していくということで、多くのがん患者の希望の星ともなっているわけです。

 

しかしガン治療はその「がん免疫療法」だけではありません。

他の治療方法も確立されているのです。

 

こちらではガンの治療方法であるがん免疫療法とその他のガンの治療方法の違いを明らかにします。

 

ガンを患っており、どんな治療方法を行ったら良いのか思い悩んでいる方は要チェックです。

がん免疫療法が以外にも様々な治療方法を試してみたい、という方も必見ですよ。

ガンの治療方法は5つに分類される

・免疫療法
・手術療法
・化学療法
・放射線療法
・緩和ケア

以上の方法によって現在ではガンの治療が可能となっています。

それぞれの治療方法にはそれぞれの違い、というものが実際にあるのです。

違いをしっかりと理解することで、各治療を組み合わせて対応していく、ということも前向きに検討出来ます。

 

もう一つの分類方法があります。 それはガンの発生部位がどうなっているか?というものです。

 

ガンの発生部位が限られている場合には局所療法というものが行われます。

局所療法には、基本的に手術療法可放射線療法が利用されます。

 

ガンの発生部位が全身に及んでいる場合には、全身療法が実施されます。

全身療法には、化学療法や免疫療法が利用されています。

 

それでは免疫療法以外のガンの治療方法について解説していきます。

その中で免疫療法との違いを明らかにしていきますね。

ガンの治療方法その1|手術療法について

・手術療法とは?

ガンの治療方法としては一般的なもので、外科手術によってガンの細胞を取り除きます。

ガンの病巣だけではなく、そのがん細胞の影響を受けている可能性がある正常な細胞も切除する局所療法の一つとなっています。

・どのような方におすすめの治療法なのか?

ガンの発生部位が限られている場合です。

全身に転移している場合にはいくら手術しても対応できませんが、一部に限られている場合には手術でも十分に対応出来ます。

 

ただし進行がんであったとしても、切除しやすい部位であれば手術療法は選択できます。

リスクもある手術方法なので、前もってリスクを承知した上で選択しなければなりません。

前述したように、手術によって正常な細胞も取り除くことになります。

周辺の臓器の機能などが低下してしまう恐れもあるので、今後の生活にある程度の支障をきたしてしまう可能性があるのです。

・免疫療法の違いとは?

がん細胞を直接的に取り除いてしまうので、ガンが体内からすぐになくなる、という部分が免疫療法と異なります。

一方で、手術による体の負担がかなり大きいところも違います。

 

免疫療法は基本的に大きな負担はありません。

もちろん薬の副作用はありますが、身体にメスをいれるわけではありません。

一時的な身体への負担、という部分で大きな違いがあるわけです。

 

治療の期間、という部分にも違いがあります。

免疫療法は継続的に長期間おこなわれるものです。

 

しかし手術療法は治療のメインが手術なので、手術が終わり特に身体に問題がなければ治療は完了となります。

 

【免疫療法との違い】
・治療できる部位が限られる
・治療の身体への負担が大きい
・治療の期間が短く済むことも(転移がなければ)

ガンの治療法その2|化学療法について

・化学療法とは?

要は薬物療法のことを指しています。

抗癌剤を用いて、癌細胞の増殖を防ぎます。

さらにがん細胞自体をも攻撃します。

基本的にはガンが転移をしているような場合に用いられる治療方法です。

 

抗癌剤治療ですが、薬の種類も豊富です。

現在では100種類以上が開発され実用化をされています。

投与方法に関しては2種類あります。

注射による方法と経口による方法があるのです。

 

化学療法は他の治療方法と組み合わせることも多くなっています。

たとえば手術療法を選択する前に、がんの組織を少しでも小さくするために行われることもあります。

 

更には再発を予防するために、手術後に投与されることもあるのです。

 

ちなみに前立腺がんや乳がんなど性ホルモンが関係しているガンに関しては、抗癌剤治療だけではなくホルモン療法が実施されることもあります。

ホルモン療法も薬物療法なので、化学療法に分類されます。

・どのような方におすすめの治療法なのか?

基本的にガンが全身に転移しているようなケースです。

化学療法に用いられる抗がん剤は一部位だけに作用するのではありません。

全身に対して作用してくれるので、手術療法による治療は難しい、という方にも有効なのです。

ガンが増大を続けている、様々な部位に進行している、という時に選択されるガンの治療方法です。

・免疫療法の違いとは?

副作用が極めて強いところです。

抗癌剤治療に用いられる薬に関しては、前述したように100種類以上となっており、薬によっても発生する副作用は異なっています。

【抗がん剤治療の代表的な副作用例】
・脱毛
・吐き気
・食欲不振
・しびれ
・感染症のリスク増大
・貧血
・口腔粘膜などの炎症 ・倦怠感など

最も有名なのは脱毛でしょう。

男性だけではなく、女性も患者さんも抗がん剤を利用すると頭部などから大量の脱毛が起こってしまうのです。

 

さらにがん治療を始めると「痩せる」というイメージもありますよね。

抗癌剤治療には吐き気や食欲不信といった副作用があるので、そういったものの影響でどんどん痩せてしまうわけです。

 

ちなみに抗がん剤の副作用に関しては、その症状を緩和させる対症療法が実施されることもあります。

免疫療法とは異なり、抗がん剤のチカラでがん細胞に対処する、という特徴もあります。

免疫療法に関しては、免疫能機能を高めることによってがん細胞を攻撃します。

要はがん細胞を攻撃するチカラについては免疫療法よりも強い、ということになるのです。

強制的にガンに攻撃を加えられるわけです。

【免疫療法との違い】
・副作用が強く発生する恐れあり
・がん細胞を攻撃するチカラが免疫療法よりも強い

ガンの治療法その3|放射線療法について

・放射線療法とは?

放射線をガンがある部位に向かって照射をして、ガンの病巣に攻撃を加えていく治療方法です。

基本的に局所療法として用いられます。

放射線療法にも二つのパターンが有り、「外部照射」と呼ばれるものと「内部照射」と呼ばれるものがあります。

・外部照射・・・体外から高エネルギーの放射線を照射する治療法
・内部照射・・・薬や針などによって体内に弱い放射線物質を入れて照射する治療法

よく行われている放射線療法はレントゲンでおなじみに「X線」です。

他のタイプの放射線療法が実際に行われることもあります。

・どのような方におすすめの治療法なのか?

手術がしにくい部位のガンに有効な治療方法となります。

基本的に局所的な治療に用いられ、全身に転移している場合などには実施されにくいものとなっています。

ガンの再発を抑制するために行わることもあります。

癌による症状を緩和したい、という人にも用いられているのです。

・免疫療法の違いとは?

家族などに影響を与える可能性がある、という部分が大きく異なります。

外部照射の場合はかまわないのですが、内部照射の場合にはしばらくは患者さんの体内に放射線があります。

患者さんから放射線が放出されているので、面会などには一部の制限が加えられるのです。

放射部分の皮膚にやけどや炎症が起きる、といった独自の副作用も出てきてしまいます。

抗癌剤治療と同様に吐き気や食用区の低下が起きることもあり、症状を和らげるための対処療法が実施されます。

がん治療のパワーとしては免疫療法よりも上です。

放射線によってがん細胞に攻撃を加えるので、ガン細胞を手術せずに破壊できるのです。

【免疫療法との違い】
・がん細胞に対する攻撃力が強い
・免疫療法とは異なった皮膚の不具合などの副作用が発生する可能性あり
・自分や周りにいる人が被爆する恐れあり

ガンの治療法その4|緩和ケアについて

・緩和ケアとは?

癌による強い痛みなどを取り除くための治療のことを緩和ケアと呼んでいます。

近年では、患者さんだけではなくその家族も含めて自分らしさを保ちながら過ごせるようにする治療のことも緩和ケアの一環としているのです。

近年ではがん治療の早期の段階からに緩和ケアを加えることが提唱され始めています。

緩和ケアというと終末期医療の一環と思われがちなのですが、医療の現場では多少捉え方が異なっているわけです。

・どのような方におすすめの治療法なのか?

ガンによる強い痛みが発生して、生活に支障をきたしているような方におすすめの治療方法となっています。

緩和ケアは入院や外来、さらには在宅治療のような状況に違いはあまり関係ありません。

入院以外で治療をしたい、という希望を持っている方にもおすすめの治療方法なのです。

・免疫療法の違いとは?

緩和ケアに関しては、基本的にはガンの根治は目指していません。

根治させるための強い作用を持った治療は実施しないからです。

免疫療法と異なり、緩和ケアが重視しているのは精神的なケアと身体的なケアです。

それぞれの専門からチームとなり、サポートしてくれるのです。

痛みだけではなく癌の症状の緩和や精神的な落ち込みなどにも対応してくれます。

先進医療を受けるわけではないので、その他のガン治療法に比べて費用がかかりにくい、といった特徴もあります。

免疫療法や抗癌剤治療については、月に数十万円から100万円程度かかってしまう事例もありますが、緩和ケアを入院で一般病棟にて受ける場合には、1日あたり保険適用前で4,000円程度です。

【免疫療法との違い】
・ガンを根治させる治療方法ではない
・精神面や体のケアに重点を置いている治療法である
・費用がかかりにくい

 

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します