免疫力を高める方法【免疫力アップする食事・食材・生活習慣・サプリメント】

免疫力は人間が本来持っている病気に対する抵抗力です。免疫力を高める方法を生活習慣や食生活、食材から詳しく解説します。免疫力アップするための方法はたくさんあります。免疫力をアップさせるとがんなどの病気の進行を遅らせる事も可能です。免疫力をアップさせる方法として、サプリメントを利用する方法も紹介し、特に米ぬか多糖体(RBS)について紹介します。

免疫力アップで薄毛のリスクが下がる!

免疫力をアップさせるということは、健康だけではなく容姿にも大きく関わってきます。今回は免疫力アップによってもたらされる美容系のメリットについて徹底解説します。 その美容系のメリットとのことですが「髪の毛」に関わることです。年齢が高くなるごとに、男性だけではなく女性も髪の毛がどうしても薄くなります。 髪の毛が薄くなりボリュームがなくなると、顔が大きく見えてしまいます。さらに老けても見られてしまうわけです。容姿を維持すいるためには豊かな頭髪というものが欠かせません。 では、免疫力をアップさせるとなぜ育毛につながってくるのか、ということをお話しますね。

免疫力がアップすると毛母細胞に栄養が届きやすくなる

・風邪などの体調悪化は毛母細胞の栄養不足を招く

髪の毛は毛母細胞と呼ばれるものから生み出されるものとなっています。要は毛母細胞にしっかりと栄養が届かなければ、髪の毛は細くなってしまったり長く成長しなかったり、ということが起きてしまうわけです。 風邪をひくとどういった状態になるでしょうか?体を動かせませんよね。血液の流れが弱まってしまいます。髪の毛を作る毛母細胞は、血液によって栄養が運ばれてくるのを待っています。しかし結構が悪ければ供給される栄養素が足りなくなり、結果として髪の毛の成長が阻害されてしまうのです。 免疫力が悪化し体調不良の状態が日常化してしまうと、自然と食欲もなくなってしまいます。食べる量が減ってしまうことになり、血液に含まれている髪の毛にとって必要なタンパク質やアミノ酸、さらにはビタミンやミネラルが不足してしまうのです。 血液自体が栄養不足の状態を招いてしまい、その結果薄毛となってしまうわけです。

免疫力の低下の影響で髪の毛の生成が後回しにされてしまう

・重要度が低い頭髪

心臓や腎臓といった臓器と頭髪ですが、普通に考えると人体にとってどちらのほうが重要でしょうか?心臓がなければ人は生きていけません。腎臓がなくても生きてはいけないわけです。一方で髪の毛はなくても生命自体には何の問題もありません。 免疫力が低下すると、人体にとって直接的な影響を影響与えない部位に対しては後回しにされてしまう傾向がどうしてもあるわけです。免疫力の低下が起こると、まずは重要な臓器を守るように身体は働きます。その結果、髪の毛の対応は後回しにされることになり、薄毛を招いてしまうわけです。他の器官よりも早く犠牲になりやすい、といった特徴を持っています。

免疫力低下による薄毛が発生しやすい時期

・更年期障害が発生する時期は特に気をつけるべき

女性の更年期障害ですが、実は薄毛が最も発生しやすい時期でもあります。更年期障害が発生すると、めまいやほてり、脱力感やイライラといった様々な症状が現れてしまい、心身ともに大きな影響を受けます。当然免疫力も大いにダウンしているので、風邪も引きやすくなるわけです。 更年期障害が起こると薄毛になるメカニズムには、女性ホルモンが大きく関わってきます。女性ホルモンには髪の毛にとって素晴らしい効果があるのです。 ・髪の毛の成長期間を長くする機能 ・血行を促進する機能 髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、発毛→成長→脱毛を繰り返しています。成長期間が長く伸びれば伸びるほど、頭皮にある髪の毛の量が多くなるわけです。実質的には髪の毛が増えたわけではありませんが、増えているように見えます。妊娠期間中には最も女性ホルモンが増えるわけですが、その時には髪の毛が抜けにくくなります。本来は寿命を迎えたはずの髪の毛が女性ホルモンによって成長期間を伸ばされ、脱毛しなくなったからです。 更年期障害により女性ホルモンが低減すると、成長期間が短くなります。抜けている髪の毛の量が多くなり、結果として薄毛になってしまうわけです。 女性ホルモンには血管を拡張する作用もあります。要は血流を促進させてくれるわけです。女性ホルモンが豊富であれば、毛母細胞に血液によって大量の栄養が送られることになるのでたくましい髪の毛が生えて着やすいです。 しかし更年期障害がやってくれば、女性ホルモンが減り血行も悪くなります。質の良い髪の毛(細毛など)ばかりが生えてくることになり、薄毛の発生となるわけです。 そんな状態の時に免疫力の低下も起こってしまうわけです。更年期障害は女性ホルモンが一気に減ることによって発生します。性ホルモンのバランスが崩れることで、自律神経もおかしくなります。身体が正常な機能を維持できなくなり、免疫力もダウンして薄毛が発生しやすくなります。

免疫力低下による薄毛を予防する方法

・サプリメントを利用する

免疫力を向上させる成分として注目されているものもあります。たとえば「RBS(米ぬか多糖体)」がその代表格でしょうか。 また髪の毛の成長に必要な栄養素。たとえば亜鉛であるとかアミノ酸、さらにはビタミンなどを摂取できるサプリメントも存在しています。 サプリメントであれば体内の栄養を高めることも可能です。更年期障害を迎え、免疫力の低下が起こってきたと実感している方は早急にサプリメントによる対策を考えましょう。

・ストレスを溜め込まないようにする

免疫力の低下はストレスによっても引き起こされます。強いストレスに人体がさらされると、免疫力の低下から新陳代謝が弱まってしまうのです。髪の毛の主原料であるケラチンと呼ばれるタンパク質の合成もされにくくなってしまいます。 ストレスを溜め込まないようにするためには、疲れを溜め込まないようにすることです。更年期の時期は体が思うように動かない時もあります。そういったときには無理をしないでください。休息を適度に入れた上で行動すべきです。 精神的なストレス対策も考えておきましょう。精神的なストレスは脳をリラックスさせなければ除去できません。脳をリラックスさせるためには睡眠が必須なのです。 1日あたり6時間から7時間程度の睡眠をとるようにしましょう。

・一般的な育毛対策もおすすめ

・頭皮マッサージ ・育毛剤の利用 ・育毛サプリメントの利用 免疫力の低下対策と並行して育毛するのもおすすめです。 頭皮マッサージには頭皮の血行を促進させる機能があります。育毛剤には頭皮環境を整えたり、やはりマッサージと同じように血行を高めたりする効果も期待できるわけです。 育毛サプリメントには髪の毛を生成させるための栄養素が含まれています。 ただし免疫力の低下による薄毛の根本原因は「免疫力の低下」です。ですから育毛対策だけを行わないでください。免疫力アップ対策をした上で育毛対策を行いましょう。

f:id:menekiryoku:20170917173505g:plain

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します